トップページ

ようこそ! 臨床検査医学分野へ ー Since 1964 ー 
 血友病などの血液凝固異常症とHIV感染症/AIDSを中心に診断・治療・研究と全人的視野に立つ包括医療を行います。

    東京医科大学病院  臨床検査医学科(血液凝固・輸血・感染免疫)
    茨城医療センター  感染症科 臨床検査医学科
    八王子医療センター 臨床検査医学科 


 臨床検査医学を担当する部門の中で、診療科として専有の外来、病棟を有すことを特徴とする施設です。 当分野の前進は初代教授、加藤勝治により開設された血液学教室であり、特に血液凝固学を1940年代の創設当初から専門としていた歴史があり、 血友病を中心とした血液凝固異常症を診断・治療する診療科として発展してきました。 現代医療の発展の経過において、独立した組織としての輸血部門や中央検査部門の必要性が高まり、1951年に日本の大学病院として 初めての血液銀行と中央検査科を設立し、当時から現在に至るまで運営に関与してきました。
 血友病の治療に用いた血液凝固因子製剤によりHIV感染症が伝播し、多くの患者様に深刻な被害を招いた責任を真摯に受けとめ、 血液凝固異常症の研究・診療と共に血液由来感染症の拡大防止とHIV感染症、慢性C型肝炎に対する研究・診療を積極的に行なっています。
                               主任教授 福武 勝幸
1946年 東京医学専門学校、医学研究所、血液学開設
1951年 血液学教室開設、血液銀行開設、中央検査科開設
1952年 東京医科大学設置認可
1957年 第二生理学教室へ改称
1964年 臨床病理学講座開講
1986年 診療科を臨床病理科へ改称、中央検査部、輸血部へ改称
2001年 臨床検査医学講座へ改称、診療科を臨床検査医学科へ改称
2007年 血液凝固異常症遺伝子研究寄附講座開設(Baxter)
2014年 医学部医学科 臨床検査医学分野へ改称