本文へスキップ

東京ヘモフィリアネットワークオフィシャルホームページ

会則

東京ヘモフィリアネットワーク会則
                            平成17年9月1日制定
(名称)
第1条 本会は「東京ヘモフィリアネットワーク」と称する。
(目的)
第2条 血友病医療の質の向上を図ると共に、東京都内および近郊の血友病の医療を担う医療機関のスタッフが連絡・連携を緊密に行うための首都圏の血友病診療の相互支援ネットワークを構築することを目的とする。
(事業)
第3条 当会は、前条の目的を達成するために医療機関の医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師、栄養士、ソーシャルワーカー、カウンセラー(臨床心理士)、製薬会社関係者等の血友病医療の関係者を対象とした次の事業を行う。

1)血友病医療に関する最新情報を提供する集会や当地域での共同研究などを企画する。
2)参加医療機関のスタッフなどに血友病医療に関するアンケート調査などを行い、問題点を明確化する。
3)現実的な課題、実際に困った問題、ケアのノウハウ等について、講演会などを年1回開催する。
4)経験豊富なスタッフを交えての討議あるは演習等を通して参加者の技能を高める
5)その他第2条の目的を達成するために必要と認められる事業。

(事務局)
第4条 当会の事務局は代表の指定する施設に置くこととする。
    事務局:東京医科大学 臨床検査医学分野 内
    〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1
    Tel(代)03-3342-6111 (内線)5086
(会員)
第5条 当会の会員は、本会の主旨に賛同し入会を希望する医療に関わる個人とする
(役員)
第6条 当会には、次の役員を置く。
 1)代 表  1名
 2)副代表  1名
 3)幹 事  若干名
 4)会 計  1名
 5)監 事  2名
(役員の選任)
第7条 役員の選任は次の方法による。
1)幹事は会員における互選により選出する。ただし、発足当初の幹事は発起人とする。
2)代表は、幹事の中から互選により選任し、総会の承認を経て決定する。
2)副代表・監事及び会計は、幹事の中から代表が指名し、総会の承認を経て決定する。
(役員の任期)
第8条 役員の任期は3年とする。ただし、再任を妨げない。
(役員の任務)
第9条 役員の任務は下記の通りとする。
1)代表は、当会を代表し会務を統括する。
2)副代表は、代表を補佐し、幹事会を召集・運営する。
3)幹事は、代表・副代表と共に幹事会を構成し、会務の執行にあたる。
5)会計は、当会の会計を担当する。
6)監事は、当会の会計を監査する。
(秘密主義)
第10条 当会の役員等は、この会に関わる個人情報に対して守秘義務を負う。
(役員の解任)
第11条 当会の会員は、総会に出席した会員の3分の2以上の決議をもって役員を解任できる。ただし、役員の解任請求並びに決議の議案については、事前に会員に通知しなければならない。
(顧問)
第12条 
1)当会には顧問を置くことができる。
2)顧問は代表が幹事会の承認を経て委嘱する。
3)顧問は、幹事会に出席し意見・助言を述べることができる。
(幹事会)
第13条 
1)幹事会は役員および幹事により構成し、委任状を含む過半数の出席により成立する。
2)幹事会は事業に関する重要事項、日常の運営方針等を協議し決定する。
3)幹事会の決議は、内規等に別段の定め無き限り、代表及び幹事の過半数をもって決する。
4)幹事会の決議は、緊急等の場合等、議案の持ち回りによって決議することができる。
5)幹事会には、必要に応じて、議決権のないオブザーバーの参加を認める。
(総会)
第14条 代表は、年に1回会員総会を招集する。また、必要に応じて臨時総会を招集することができる。
1)総会は代表および幹事会から諮られる、役員選出、会計等について審議し承認する。
2)総会は委任状を含む会員の過半数の出席で成立し、通常議事は委任状を含む出席者の過半数で決する。
(会則の変更)
第15条 本会則の変更は、幹事会および総会において、それぞれ委任状を含む出席者の3分の2以上の賛成を得なければならない。
(事業年度)
第16条 当会の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までの年1期とする
(会費)
第17条 会員は年会費1,000円を当該年度の開始後、速やかに事務局へ支払うものとする。
(会計)
第18条 本会の決算は会計年度終了後に会計が収支決算書を作成し、代表は監事による監査結果を添えて幹事会に報告し、総会の承認を受ける。
付則:
本会則は平成17年9月1日より施行する。


東京ヘモフィリアネットワーク

〒160-0023
東京都新宿区西新宿 6-7-1

TEL 03-3342-6111